第8回市原湖畔美術館子ども絵画展—わたしの夢と冒険

2021.02.06.Sat.

- 2021.03.07.Sun.

政府による緊急事態宣言の再延長に伴い、市原湖畔美術館の臨時休館も延長いたします。 それに伴い、会期を調整しておりました「第 8 回市原湖畔美術館子ども絵画展」(2 月 6 日~ 3 月 7 日 を予定)は中止とさせていただくことになりました。
全世界が災厄に見舞われ、今もなお不安が続く中、子どもたちの発想や想像力は人々に勇気と元気を与えます。「第8回市原湖畔美術館子ども絵画展」では、「わたしの夢と冒険」をテーマに、子どもたちのユニークな作品約300点とアーティスト・成田久さんのコラボレーションが美術館を彩ります。成田さんの妄想から生まれるハッピー&エキサイティングな世界に子どもたちの夢と冒険が溢れる特別な絵画展をお楽しみください。

特設サイトはこちらから

見どころ

展示室風景 撮影:鈴木俊則

子どもたちといっしょに夢と冒険の世界へ☆

全世界が災厄にみまわれ、いまもなお不安が続く中、子どもたちの発想や想像力は人々に勇気と元気を与えます。今回の展覧会では「わたしの夢と冒険」をテーマに描かれた 306 点の作品が会場に展示されます。成田久の妄想から生まれるハッピー & エキサイティングな世界に子どもたちの夢と冒険が溢れる特別な絵画展をお楽しみください。

展示室風景 撮影:鈴木俊則

CUEズ・ルーム

成田久さんの創作の秘密がわかる妄想ノート公開。

成田さんからのメッセージ:
いつからだろう?ジャポニカ学習帳に僕の脳内妄想アイデアを描きはじめたのは?毎日カバンに入れてお出かけをしている。
電車の中でラジオを聴きながら、チャレンジミーティングの時、お気に入りの友達のカフェでお茶しながらetcと
ふっと妄想SWICHが入った時にぱぱっと雑になぐり描く。今、この瞬間の自分が消えないように言葉をキャッチ★して落書きをする。
まるで時を生きてきたダイアリー。
そして未来のスケジュール帳のようでもある。

展示室風景 撮影:鈴木俊則

CUEズ・ベッドルーム

成田さんからのメッセージ:
やりたいことだらけで毎日毎日、宙を夢をみている。
カラフルなテキスタイルの破片を集めて、ちょっとずつ膨大な時でケセラセラにソーイングして、やっとハッピーなBedcoverへと創りあげた。
今宵も今宵も今宵も包まれてもう1つの夢の世界へと6時間何処かへとお出かける。そして、たぶん?夢を叶えるDoorを開ける。

展示室風景 撮影:鈴木俊則

お絵描き広場

子どもたちの絵に囲まれて、お絵描きピクニック広場で塗り絵しよう!
成田さんが本展のために描きおろした塗り絵は、おうちでも楽しみいただけます。(全9種)
ダウンロードはこちらから→https://lsm-ichihara.jp/childrens-art_8th/kodomo_nurie.pdf

プロフィール

成田久[アートディレクター・アーティスト]

1970年生まれ。多摩美術大学・東京藝術大学大学院修了し、1999年に資生堂入社。宣伝・デザイン部に所属。アネッサのCMで蛯原友里を起用し、楽曲にBONNIE PINK「A Perfect Sky」を使用したことで一躍話題に。そのほかマシェリやマキアージュ、ベネフィーク、HAKU、インテグレート、unoなど多彩なブランドのアートディレクションを担当。
社外活動では13年NHK大河ドラマ「八重の桜」のイメージポスターのアートディレクションを担当するほか、多数のアーティストのCDジャケットやMVのアートディレクション等を手掛ける。更に雑誌「装苑」にて演劇レビューを連載するなど活動範囲は留まるところを知らない。
「いちはらアート×ミックス 2020+」では、上総鶴舞駅で空色のコスチュームのインスタレーションを展開する。

基本情報

会期中止
主催市原市、市原湖畔美術館
協力小湊鐡道株式会社
協賛株式会社中川ケミカル
後援市原市教育委員会、市原市小学校長会、市原市私立幼稚園協会、市原ぞうの国、一般社団法人市原市観光協会、株式会社バンブーフォレスト、シティライフ株式会社、高滝湖観光企業組合、千葉日報社、南いちはら応援団新聞 伝心柱
応募総数6025点
入賞作品306点
特設サイトhttps://lsm-ichihara.jp/childrens-art_8th/

ワークショップ・イベント

イベント

CUE画伯の似顔絵師

LINK