JP EN

開催中

メヒコの衝撃―メキシコ体験は日本の根底を揺さぶる

2021.07.10.Sat.

- 2021.09.26.Sun.

革命の芸術が刻印され、生と死、古代と現代、
現実と超現実が混淆するメキシコと日本人アーティストの化学反応

メキシコのスペインによる征服から 500 年、独立から 200 年にあたる今年、市原湖畔美術館は「メヒコの衝撃―メキシコ体験は日本の根底を揺さぶる」を開催いたします。

当館が所在する千葉県は、日本とメキシコの交流が始まった地として知られます。1609 年、スペイン統治下にあったフィリピンからメキシコに向かう帆船サン・フランシスコ号が御宿沖で座礁し、300 人以上の遭難者を地元の住民たちが救出、大多喜城主・本多忠朝が手厚く保護し、徳川家康のはからいで無事帰国させたのです。

本展は、日本とメキシコの交流の歴史を繙きながら、メキシコの歴史・風土・人・芸術に衝撃を受け自らの表現に向きあってきた8人のアーティストに焦点を当て、メキシコの何が彼らを惹きつけたのか、そのメキシコ体験を多角的に解き明かそうとするものです。

革命直後のメキシコに渡り、民衆の芸術を求める壁画運動に感銘を受け、帰国後も反骨の画家として生きた北川民次。1955 年、東京国立博物館で開催されたメキシコ美術展に衝撃を受け、メキシコ滞在を経て新たな表現へと向かった利根山光人、河原温。自らのうちに「メキシコ的なるもの」を発見し、巨大壁画《明日の神話》を描いた岡本太郎。版画指導に招聘されたメキシコでその作風を一変させた戦後銅版画の第一人者・深沢幸雄。メキシコ民衆が生きる世界に妖怪を幻視し、膨大な数の仮面をコレクションした水木しげる。「死者の日」の祭りに魅了され、強烈な極彩色で魔法画を描き続ける絵本作家・スズキコージ。映画≪セノーテ≫で現世と黄泉の世界を結ぶと信じられるマヤの洞窟泉をめぐる神秘の旅を撮りあげた小田香。

排他性と連帯への希求に世界が大きく引き裂かれ、コロナ禍により、生と死のありよう、現代文明の基盤そのものが問われる今、アーティストたちが共振した<メヒコ>は、私たちに多くの示唆を与えてくれるでしょう。

出展作家:
北川民次、岡本太郎、利根山光人、深沢幸雄、河原温、水木しげる、スズキコージ、小田香

「メヒコの衝撃―メキシコ体験は日本の根底を揺さぶる」特別映像(制作:田村融市郎)

見どころ

北川民次 《メキシコ三童女》,1937 愛知県美術館蔵

①メキシコ・ルネサンスが日本人アーティストに与えた影響を探る

1920-30年代、世界を驚かせた革命の芸術運動メキシコ・ルネサンス。そのただ中で15年を過ごし、野外美術学校の校長もつとめた北川民次。マヤの遺跡に魅せられ、生涯にわたりメキシコをテーマとし、多くのパブリックアートを残した利根山光人。メキシコの人・歴史・生活に共感し、巨大壁画「明日の神話」を描き、やがて「太陽の塔」を制作する岡本太郎。メキシコ・ルネサンスが与えた影響を、壁画運動、野外美術学校、版画運動等、様々な視点から探ります。

左:岡本太郎《明日の神話》,1968(部分) 川崎市岡本太郎美術館蔵、右:利根山光人《太陽の神殿》,世田谷美術館蔵

カスパー・ケーニッヒ氏に宛てた絵葉書、 1968年5月10日、《I Got Up》(1968-79)より ⓒOne Million Years Foundation

②知られざる河原温のメキシコ時代を考察する

コンセプチュアルアートの第一人者として世界的に知られる河原温。その彼のメキシコ時代(1959-1962 年)についてはほとんど知られていません。生と死をテーマとするデイト・ペインティング誕生に及ぼしたメキシコ体験の影響とは?世界的キュレーター、カスパー・ケーニッヒが所蔵するメキシコの河原温から送られた全絵葉書151枚を本邦初公開する。

本展では他に日本時代の作品、河原の渡墨を支援するために瀧口修造らが開催した作品頒布会の資料等を展示。

左:水木しげる《雨と稲妻の神チャック》©水木プロダクション 右:水木しげるがコレクションしたメキシコ仮面

③水木しげるのメキシコ仮面コレクションを一堂に展示

1997年、75歳の水木しげるは 2週間にわたってメキシコを旅し、『水木しげるの大冒険、幸福になるメキシコー妖怪楽園案内』という旅行記を出版。本展では、水木が感動して蒐集した膨大な仮面コレクションと旅の中で知ったユニークな
妖怪のイラストをパネル展示します。

左:深沢幸雄《アステカの旅》,1969 市原湖畔美術館蔵 右:《深沢幸雄が見たメキシコ》,2018 

④深沢幸雄×ラッパー田我流のコラボレーション

当館が所蔵する銅版画家・深沢幸雄。1963 年の初訪問以来、メキシコの街や人々が持つ活気、古代文明に由来する遺跡に魅了され、メキシコをテーマとした多くの作品を遺しました。
本展では、その作品に惚れ込んだラッパーの田我流がスタジオ石の向山正洋( MMM)と共作した映像「深沢幸雄が見たメキシコ」を深沢作品とともにお楽しみください。

上:スズキコージ《死者の日》,2000 下:小田香《Day of the Dead》,2021

⑤メキシコの地下世界と地上世界を体感するインスタレーション

映画《セノーテ》で第 1 回大島渚賞を受賞し、世界各地の映画祭で注目を浴びる小田香。本展では、マヤの神話が息づく洞窟の水中世界を起点に、過去と現在、地下と地上を往還する映像インスタレーション《Day of the Dead》を展開します。その “洞窟” の外に拡がるのは、絵本界の奇才・スズキコージが描く生と死、現実と超現実が入り混じるメキシコ民衆の祝祭空間。第一線で活躍する二人の創造者のメキシコとの化学反応を堪能ください。

プロフィール

写真提供:フォトスタジオ伊里

北川民次[1894-1989]

1894 年静岡県生まれ。1910年、早稲田大学に進学するが、中退し1914年渡米。 ニューヨークのアート・スチューデンツ・リーグでジョン・スローンに師事。1921年、メキシコに渡り、オロスコ、リベラ、シケイロスらと交友、メキシコ壁画運動に共感し、力強い作風の作品を残す。1925年、トラルパンの野外美術学校で児童美術教育に携わり、1931年、タスコ野外美術学校校長になる。生徒の作品展はヨーロッパにも巡回し、ピカソ、マティス、 藤田嗣治などが称賛する。1936年、帰国。翌年の二科展で発表した「タスコの祭り」等で注目を浴び、メキシコ壁画運動の思想を日本に持ち帰り、衝撃を与える。戦前から戦後を通して国家権力への抵抗を絵にし、 画壇のアウトサイダーと呼ばれた。1986年にはメキシコ政府から、外国 人に対する最高位の勲章であるアギラ・アステカ勲章を授与された。

岡本太郎[1911-1996]

1911 年東京生まれ。1929年東京美術学校入学後すぐ渡仏。パリ大学で哲学、民族学を学ぶ。非西洋圏の文化芸術への関心が高まる 1930 年代のパリでメキシコを知る。1941 年帰国、応召され従軍。1948 年に花田清輝、埴谷雄高らと〈夜の会〉を結成。1963 年に初めてメキシコを訪れ、「メキシコはけしからん。何百年も前からおれのイミテーションをやっている」という言葉を発するなど、強い共感を示した。
1967-68 年にオテル・デ・メヒコのために巨大壁画「明日の神話」を描くが、作品はその後行方不明となり、2003 年に発見され、2008 年渋谷駅コンコースに恒久設置される。1970 年、大阪万博テーマ館をプロデュース、《太陽の塔》を制作した。

利根山光人[1921-1994]

1921 年茨城県に生まれる。早稲田大学を卒業し、召集・入隊を経て終戦を迎える。戦後、ストラヴィンスキーの音楽に触発されて前衛絵画を制作する一方、版画の制作を開始。その後、岩波の記録映画「佐久間ダム」を見て心を揺り動かされ、その建設現場に取材した制作をはじめ、社会派の画家としての姿を現す。1955 年「メキシコ美術展」を見て衝撃を受け、1959 年にメキシコを訪れ、マヤ古代文明をモチーフとした制作を始める。それ以後も度々メキシコを訪れ、生涯にわたって古代文明からの示唆を現代社会や現代人への問いかけとして描き続け、メキシコを題材とした情熱的な作品を数多く残し、太陽の画家と呼ばれた。シケイロス、オロスコなど壁画作家の影響を受け、パブリックアートも多数制作。アギラ・アステカ賞を2度受賞する。

深沢幸雄[1924-2017]

1924 年山梨県に生まれる。東京芸術大学卒業後、千葉県市原市にアトリエを構え、県立市原高等学校で教壇に立ちながら油絵を描く。東京大空襲で負傷後、独学で銅版画を学び、銅版画の名手として数々の受賞歴を誇るようになる。高校教員を退いたのち日本版画協会理事長、多摩美術大学教授を歴任するなど後進の指導に尽力。市原湖畔美術館にコレクションが常設展示されている。メキシコには 1963年にメキシコ国際文化振興会の招へいで銅版画の指導のため滞在。それまでのモノクロームから鮮やかな色調へと作風を大きく変える。メキシコ政府からアギラ・アステカも受章した。

河原温[1932-2014]

1932 年愛知県に生まれる。19歳でデビュー、《浴室》シリーズや《物置小屋の出来事》等の鉛筆描画で高い評価を得る。1955年のメキシコ美術展を特集した『美術批評』10月号で「メキシコ美術の価値化」と題し、「西欧近代の硬化した抽象的原理をもって人間性の昂揚、あるい は自由を表明してきた多くの近代主義者にとって、このメキシコ美術展ほど驚嘆に値するものはないだろう」と書いている。1959年、渡墨。メキシコには1962年末まで滞在するがそこでの活動についてはほとんど記録が残っていない。1965年よりニューヨークを拠点とする。1966年、時間、生と死をテーマとした《Today》シリーズを開始。以後一切経歴を明らかにせず、公式の場に姿も見せず、語ることもなかった。1968年にメキシコ再訪。そこからカスパー・ケーニッヒに送った絵葉書が《I Got Up》シリーズの始まりとなった。他に《I Am Still Alive》《I Went》等のシリーズがある。

水木しげる[1922-2015]

1922 年鳥取県に生まれる。太平洋戦争時、激戦地ラバウルに出征、左腕を失う。復員後、様々な職業を経て紙芝居作家となりその後漫画家となる。代表作の『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』などを発表し、妖怪漫画の第一人者となる。妖怪文化を広めた妖怪研究家としても知られ、1995 年に世界妖怪協会を設立して会長となり、荒俣宏らと世界妖怪会議を開催。世界各地に「冒険旅行」と称するフィールドワークを行う。メキシコは 1997 年、インディオの呪術的な信仰世界が生き生きと残る南部オアハカ州やゲレーロ州へと「死者の日」の祝祭週間をはさんで精力的に旅し、悪魔や動物や死霊の仮面を蒐集する。その旅行記は、1999 年『幸福になるメキシコ』(祥伝社)として出版された。

スズキコージ[1948-]

1948 年静岡県に生まれる。高校卒業後上京し、赤坂の割烹料理店で住み込みで
働きながら、歌舞伎町などの路上で作品を発表。「平凡パンチ」の編集者だった叔父のつてで堀内誠一に見込まれ、イラストレーターとしてデビュー。1971年初個展。1972 年『ゆきむすめ』(文・岸田衿子)で絵本画家としてデビュー。以来、絵本、絵画、映画劇場ポスター、ライブペインティング、ワークショップなど、多彩な表現活動を展開する。小学館絵画賞、絵本にっぽん賞、講談社出版文化賞、日本絵本賞大賞などを受賞。2014 年、「スズキコージの絵本原始力展」(姫路市立美術館)を開催。2019 年日曜美術館で特集される。1995年以来メキシコに魅せられ、「死者の日」の祭りには 9 回通う。

小田香[1987-]

1987 年大阪府に生まれる。2011 年ホリンズ大学教養学部映画コース修了。卒業制作《ノイズが言うには》でなら映画祭 Nara-wave 部門で観客賞を受賞。2013年、映画監督タル・ベーラが指揮する映画作家育成プログラム film.factory に参加し、2016 年に修了。2014 年度ポーラ美術振興財団在外研究員。ボスニア炭鉱を撮った長編第一作《鉱 ARAGANE》(2015)が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門にて特別賞受賞。イメージと音を通して人間の記憶(声)「私たちはどこから来て、どこに向かっているのか」を探究する。《セノーテ》(2019)では、小田が水中撮影に挑み、マヤ文明の時代から現世と黄泉を結ぶと信じられ、雨乞いの儀式のために少女たちが生贄として捧げられてきた泉をめぐる歴史と記憶が交差していくさまを映し出し、第1回大島渚賞を受賞(審査委員長:坂本龍一、審査員:黒沢清、荒木啓子)。2020 年度芸術選奨新人賞受賞。

基本情報

開館時間平日/10:00~17:00、土曜・祝前日/9:30~19:00、日曜・祝日/9:30~18:00(最終入館は閉館時間の30分前まで)
休館日毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
料金一般:1,000 円(800 円)、65 歳以上の方・大高生:800 円(600 円)
()内は20 名以上の団体料金。中学生以下無料、障がい者手帳をお持ちの方とその介添者(1 名)は無料。
主催市原湖畔美術館 [ 指定管理者:(株)アートフロントギャラリー ]
後援在日メキシコ大使館、千葉県、大多喜町、御宿町、市原市教育委員会

ワークショップ・イベント

イベント

近日開催ギャラリートーク

LINK

イベント

終了スズキコージ・ライブペインティング

LINK

イベント

終了トークショー『薄墨色の智慧のくにー〈メヒコ〉の衝撃を語る』

LINK

イベント

終了映画上映会『セノーテ』(小田香監督)

LINK

イベント

終了メヒコ・デイ(中止)

LINK

カタログ

出展作品の紹介とともに、アーティストについての論考、多様な分野の第一人者によるメキシコをめぐるエッセイを収録。

寄稿:伊高浩昭(ジャーナリスト)、今福龍太(文化人類学者)、太田昌国(中南米研究家)、黒沼ユリ子(ヴァイオリニスト)、田中敬一(メキシコ美術史研究者)、仲野泰生(キュレーター)、野谷文昭(ラテンアメリカ文学者)、平出隆(詩人)、港千尋(写真家)、吉田喜重(映画監督)、渡辺康生(メキシコ料理家)他(50音順)

仕様:B5版、144ページ、カラー
発行:現代企画室

Blog

2021.08.04レポート映画上映会『セノーテ』(小田香監督)

LINK