JP EN

近日開催

イベント

建築トーク「リノベーション!」

2024.07.27.Sat

Tadashi Endo

企画展「レイクサイドスペシフィック!―夏休みの美術館観察」(7/20~9/23)の関連イベントとして、建築トーク「リノベーション!」を開催いたします。当館の前身施設「市原市 水と彫刻の丘」のリノベーションコンペ(審査員長:伊東豊雄氏)を勝ち取ったのは、山本理顕設計工場を独立した川口有子と鄭仁愉の2人組、カワグチテイ建築計画(当時、有設計室)。このデビュー作で千葉県日本建築学会作品選集新人賞(2015)を受賞しました。当館の建築リノベーションの秘話をたっぷりお話いただきます。

基本情報

日程2024年7月27日(土)14:00~15:30
会場当館多目的ホール
ゲストカワグチテイ建築計画(川口有子+鄭仁愉)
対象どなたさまでもご参加いただけます。
定員50名
参加費1,000円(要別途入館料)
お申込みお申込み開始日:6月27日午前10時から
お申込み:こちら

プロフィール

カワグチテイ建築計画(川口有子+鄭仁愉)

カワグチテイ建築計画(川口有子+鄭仁愉) [建築家]

ともに千葉県生まれ。2006年より建築設計事務所(有設計室)をスタート。2010年、市原市水と彫刻の丘(現・市原湖畔美術館)プロポーザルにて全国から集まった231案から最優秀者に選定。主な作品に、金沢美術工芸大学(共同設計:SALHAUS,仲建築設計スタジオ)、新浜町団地県営住宅2号棟(共同設計:内野設計,島津臣志建築設計事務所)。主な受賞に、2015年日本建築学会作品選集 新人賞、第21回千葉県建築文化賞 最優秀、2023年グッドデザイン金賞。

Related article

Recent Event

Archives