JP EN

応募受付中

ワークショップ

ぼくらはハテナでいっぱいなのだ「アーティストのパワーの源ってなんだろう」vol.4

2021.11.13.Sat.

アーティストって、昔も今も、コロナにも負けず、どんな時もパワフルに作品を作ってる。
アーティストって、変わってる人が多そうだけど、どんな子ども時代を過ごしていたんだろう?
どうしたらあんなアイデアが浮かぶのかな?
ゲームは好きかな?
勉強は好きだった?
好きな色は何色ですか?
パワーの源は、いったいどこにあるんだろう?話を聞いたら、なにかヒントが見つかるかも?

チラシ

vol.4:豊福亮さん(アーティスト)
美術館の周りをぐるっとまわるといろいろな物が見えてきます。探せば色々なものが落ちているかも。美術館をまわって見つけたものを組み合わせて、コラグラフを体験してみましょう。

〈コラグラフとは〉
版の材料にいろいろな物を貼りつけて凹凸をつけ、それを版にする版画の技法のひとつです。
美術館のまわりを探検して見つけた物で、作品を作ってみましょう。

基本情報

日時11/13(土)10:00~12:30
会場市原湖畔美術館 多目的ホール
対象小学生から高校生
定員20名 ※要事前申込
参加費500円(材料費込み)
申込こちらからお申込みください。
※10/15より申込を開始します。
注意事項※汚れてもよい格好でご参加ください。
※保護者さまはワークショップ会場内へはお入りいただけません。
※定員になり次第締切ります。
※感染症対策の為、マスク着用をお願い致します。
※新型コロナウイルス感染症の状況により、中止、延期となる場合がございます。

プロフィール

豊福亮

越後妻有大地の芸術祭、瀬戸内国際芸術祭など、日本各地で作品を発表。こちらとあちらをテーマに、外と中がまったく違う印象の作品を作るなど、見る人が驚いちゃう作品を作っています。