JP EN

News

2024.03.30

<企画展イベント情報>フォトジャーナリスト安田菜津紀さんによるトークショー

企画展「ICHIHARA×ART×CONNECTIONS-交差する世界とわたし」(3/23~6/23)の関連イベントとして、フォトジャーナリストの安田菜津紀さんによるトークショーを開催します。
日本国内には、様々なルーツの人が暮らしていますが、外国人政策はいまだ、多くの課題を抱えています。中には入管の収容に苦しんだり、深刻な差別に直面する人々もいます。命の危険から逃れてきても、ほとんど難民認定を受けることができません。そんな日本社会で「共に生きることは何か」ということを、安田さんが取材で出会った人々の声、そして家族の歩んできた歴史も交えて考えていきます。

日程:4月13日 13:00~14:30
講演終了後サイン会を予定しております。当館のミュージアムショップにて安田さんの書籍をご購入することができます。
定員:70名(イベントページにて要予約)
参加費:1,000円(入館料別途、芸術祭パスポートをお持ちの方は入館料不要)

申込み・詳細はこちら

2024.03.28

4月のお知らせ(イベント、休館日、開館時間など)

【休館日】
2、9、16、23日
※企画展会期中は、火曜休館となります。4月30日は通常開館しております。

【シャトルバス】
今月の運行はありません。

【展覧会】
■企画展ICHIHARA×ART×CONNECTIONS-交差する世界とわたし(3/23~6/23)
■常設展『深沢幸雄—創作人生を辿って』

【イベント】
■14、20、27、29日 14:30-15:00
キュレーターによる企画展ギャラリーツアー(参加無料・エレベーター前集合)

■13日(土)13:00-14:30
安田菜津紀 トークショー「隣人のあなた『移民社会』日本でいま起きていること」
お申し込み・詳細はこちら

■27日(土)10:00~15:00
湖畔とピクニックとマルシェ(主催:千の風パレード)
※詳細は後日リリース

2024.03.03

3/23(土)より、百年後芸術祭 内房総アートフェスが始まります

いよいよ3/23(土)より、百年後芸術祭 内房総アートフェス(以下、芸術祭)が始まります。

当館も、その一環で企画展 「ICHIHARA×ART×CONNECTIONS-交差する世界とわたし」を開催いたします。芸術祭会期中(3/23-5/26)に限り、作品鑑賞パスポートをお持ちの方は無料でご入館いただけますので、ぜひこの機会に足をお運びください。皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。


■作品鑑賞パスポート販売のお知らせ
3/5(火)より、当館ミュージアムショップにて作品鑑賞パスポートの販売を開始いたしました。
お買い求めの際は、ミュージアムショップ受付スタッフへお声がけください。
パスポートに関する詳細はこちらをご確認ください。

2024.02.28

3月のお知らせ(イベント、休館日、開館時間など)

【休館日】
4、11、18、26日(火)
※企画展会期中は、火曜休館となります。

【シャトルバス】
今月の運行はありません。

【展覧会】
■企画展第11回市原湖畔美術館子ども絵画展「市原じがぞうの国」(~3/3)
■企画展ICHIHARA×ART×CONNECTIONS-交差する世界とわたし(3/23~)
■常設展『深沢幸雄の人間劇場』


【イベント】
■24日(土)10:00~15:00 「世界の食と文化が香るピクニック&マルシェ」(共催:千の風パレード)

2024.02.22

2024年度 年間スケジュール のお知らせ

2024年度の 年間スケジュールをお知らせいたします。

■企画展

2024年3月23日(土)~6月23日(日)
「ICHIHARA×ART×CONNECTIONS-交差する世界とわたし」

2024年7月20日(土)~9月23日(月・祝)
「レイクサイドスペシフィック!」

2024年10月19日(土)~2025月1月13日(月・祝)
「かみがつくる宇宙―ミクロとマクロの往還」

2025年2月1日(土)~3月2日(日)
「第12回市原湖畔美術館子ども絵画展」

■常設展

2024年4月4日(木)~6月23日(日)
「深沢幸雄-創作人生を辿って」

2024年6月29日(土) ~9月23日(月・祝)
「市原市コレクション」

2024年10月1日(火) ~2025年1月13日(日)
「銅版画を知る-深沢幸雄の作品からみる技法と表現」

2025年1月21日(火) ~3月23日(日)
「深沢幸雄のガラス絵の世界」

■湖畔のマルシェ(毎月第4土曜日)

※ワークショップ・イベントのスケジュールは、イベントページにて随時お知らせいたします。

2024.02.20

古着を使ってアート作品をつくろう!(2/22)

ベトナム人アーティスト、ディン・Q・レのアート作品《絆を結ぶ》となる巨大なラグを多様なルーツを持つ人たちと共に完成させましょう。作品は市原湖畔美術館で開催される展覧会「ICHIHARA×ART×CONNECTIONS-交差する世界とわたし」(3/23-6/23)に展示されます。
どなたでも参加できますので、ぜひご参加ください!

●日時:2024年2月22日 13:00~15:00
●会場:当館多目的ホール
●参加費無料、定員10名
●申込方法:0436-98-1525までお電話ください。

2024.02.17

千葉県建築文化賞 創設30周年記念講演会にカワグチテイ建築計画が登壇します

市原湖畔美術館のリノベーションを担当した、カワグチテイ建築計画(川口有子+鄭仁愉)が、令和6年3月21日に千葉県教育会館大ホールにて開催される「千葉県建築文化賞 創設30周年記念講演会」に登壇いたします。
開催概要・申込み詳細はこちら

2024.02.09

古着を使ってアート作品をつくろう!(五井会館)

本イベントは、市原市で開催される国際交流イベント「Hello World Ichihara」で多様なルーツを持つ人々との出会いを目的に実施します。ベトナム人アーティスト、ディン・Q・レのアート作品《絆を結ぶ》となる色とりどりのキルトを一緒に完成させましょう。作品は市原湖畔美術館で開催される展覧会「ICHIHARA×ART×CONNECTIONS-交差する世界とわたし」(3/23-6/23)に展示されます。
どなたでも参加できますので、ぜひご参加ください!
(イベント時間にブースに来ていただいた方と一緒に随時制作したいと思います。)

●日時:2024年2月18日 10:30~15:00
●会場:五井会館(〒290-0081千葉県市原市五井中央西2丁目)
●参加費無料(古着がある方は当日会場にご持参ください。古着の詳細はこちら

2024.01.31

2月のお知らせ(イベント、休館日、開館時間など)

【休館日】
5、13、19、26日

【シャトルバス】
今月の運行はありません。

【展覧会】
■企画展第11回市原湖畔美術館子ども絵画展「市原じがぞうの国」(2/3~)
■常設展『深沢幸雄の人間劇場』


【イベント】
■4、25日(日)「子ども絵画展ワークショップ『かお魚拓を取ろう!描こう!』」
追加申込み受付中!詳しくはこちら
■24日(土)10:00~15:00 湖畔のマルシェ(主催:千の風パレード)
「つくり手たちの庭」をテーマにフードやクラフトなど様々な「つくり手」を集めたこの日だけの特別なマルシェです。
※詳細は主催SNSをご覧ください。

2024.01.12

【募集】あなたの洋服やペットボトルがアート作品の一部になる!

当館では3月23日(土)~6月23日(日)まで在留外国人に目を向けた展覧会「ICHIHARA×ART×CONNECTIONSー交差する世界とわたし」展を開催します。(後日プレスリリース)
その作品制作のための素材を集めています。

①アートになる古着を集めています
ベトナム人アーティストのディン・Q・レがベトナムと市原それぞれで古着を使った大きなキルトとラグを制作します。その作品の素材となる古着を集めています。
<集めている衣服>
シャツ、ブラウス、Tシャツ、ロンT、夏物のワンピース等薄手のもの
※ジャケット、コート、ニット、ジーンズ、着物などの厚手の衣服は作品に向いていません。

②3000本のペットボトルを作品に
日常生活でよく出るペットボトル。フィリピン人アーティストのリーロイ・ニューは、本展で約3000本のペットボトルを使い、巨大な木やマネキンをつくります。
<集めているペットボトル>
500㎖~2ℓの空のペットボトル、ウォータサーバー用の大きなボトル
※つぶれていないもの。ペットボトルは、キャップ、ラベルを取って洗い、乾燥させてください。

<回収場所>
市原湖畔美術館(不入75‐1):受付にてお声がけください。
市原市役所(国分寺台中央1丁目1-1):市役所内1階入口「回収BOX」へ入れてください。
※一度回収したものはご返却できませんのでご了承ください。

<回収期間>
1月15日(月)~2月22日(木)
※市役所、美術館には開館時間内にご持参ください。
※美術館への持ち込みの場合、ペットボトル50本以上、古着10着以上で展覧会パネルにて氏名を記載させていただきます。(希望者のみ)