2020.08.08.Sat. – 2020.10.18.Sun.

田中信太郎展「風景は垂直にやってくる」

【展覧会概要】

会期:2020年  8月8日(土)~10月18日(日)

開館時間:平日/10:00~17:00、土曜・祝前日/9:30~19:00、日曜・祝日/9:30~18:00

(最終入館は閉館時間の30分前まで)

休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)

料金:一般:800 円(700 円)、65 歳以上の方・大高生:600 円(500 円)

()内は20 名以上の団体料金。

中学生以下無料。障がい者手帳をお持ちの方とその介添者(1 名)は無料。

主催:市原湖畔美術館[指定管理者:(株)アートフロントギャラリー]

企画協力:池田修(BankART1929代表)

 

【展覧会について】

 この度、市原湖畔美術館は、昨年8月に逝去された田中信太郎さんを偲び、 田中信太郎展「風景は垂直にやってくる」を開催いたします。

 わずか19歳での鮮烈なデビューから79歳で亡くなるまでの60年間。田 中信太郎のアーティスト人生は、1960 年以降の日本の現代美術史そのもの でした。読売アンデパンダン展で注目を集め、赤瀬川原平、篠原有司男らに よるネオ・ダダイズム・オルガナイザーズに参加。やがて 1968 年に発表し た「点・線・面」のミニマルな表現は、美術界のみならず、倉俣史朗をはじ めとするデザイナー、建築家にも強いインパクトを与えました。そしてパリ・ ビエンナーレ、「人間と物質」展、ヴェネツィア・ビエンナーレ等の国際展で 日本を代表するアーティストとして活躍。しかし、病床に倒れ、数年に及ぶ 闘病生活を経て、新たな表現形式による「風景は垂直にやってくる」をもっ て復活、精力的に制作活動を続けました。また、ブリヂストン本社、ファー レ立川、越後妻有、札幌ドーム等、数多くのコミッションワークも手がけ、 その作品は日常の風景のなかで人々に親しまれました。

 本展では、田中の作品を時代の変遷を追って、当時の写真や田中の言葉と ともに紹介。それぞれの時代に田中がどのように考え、制作し、生きたかを 伝えます。また、日立のアトリエの一部も再現。多くの人に愛された田中 の繊細でおおらかな作品と人の魅力と、在野を選び作品を創ることで生き 抜いたひとりのアーティストの歩みを感じ取っていただければ幸いです。

 

田中信太郎(1940~2019)

1940年、東京生まれ。茨城県立日立第一高校卒業後、上京。二紀会展(褒賞)、 読売アンデパンダン展に出展。 1960 年、ネオ・ダダイズム・オルガナイザー ズに参加。その後、第6回パリ青年ビエンナーレ展(ʼ69)、第 36回ヴェネツィア・ ビエンナーレ(ʼ 72)への参加など、国際的に活躍。80 年より病気療養のた めしばらく制作から離れるが、回復後《、風景は垂直にやってくる》(ʼ85)を発表。 ブリヂストン本社ロビー彫刻《そのとき音楽が聴こえはじめた》(ʼ 86)など のコミッションワークを多数手がける。2001年「饒舌と沈黙のカノン」(国立 国際美術館)開催。日立市のアトリエで精力的に制作を続けた。 2019年8月23日、逝去。

 

【追悼懇談会レポート】

8月9日(日)にオープニングと田中信太郎さんが亡くなられてから一周年となるのを記念して追悼懇談会を開催いたしました。その時に発言くださった、田中さんと近しかった方々の言葉を纏めております。

レポートはこちらから

 

【インタビュー】

原広司が語る「僕はなぜアーティストと仕事をするのか」--田中信太郎展によせて

1960年代から田中信太郎さんと親交があった建築家・原広司さんに、田中さんの作品、二人が出会った1960年代という時代、そしてアーティストと仕事をする理由について語っていただきました。

インタビュー記事はこちらから

 

【図録販売のお知らせ】

親交のあった方々による寄稿文〈光田ゆり、中井康之、保坂健二朗、篠原有司男、吉野辰海、中原浩大(敬称略)〉や、企画協力くださった池田修氏へのインタビュー、田中氏の言葉など、人々から愛された田中の人柄も感じていただける図録となっております。

本展覧会の図録を当館ミュージアムショップやオンラインショップてご購入いただけます。ぜひ、ご覧ください。

 

これまでの展覧会

2020.03.20.Fri. – 2020.07.26.Sun.

雲巻雲舒―現代中国美術展・紙

 

【展覧会概要】

会期:2020年  3月20日(金・祝)~7月26日(日)

開館時間:平日/10:00~17:00、土曜・休前日/9:30~19:00、日曜・休日/9:30~18:00

(最終入館は閉館時間の30分前まで)

休館日:毎週月曜日

料金:一般:1,000 円(800 円)、65 歳以上の方・大高生:800 円(600 円)

()内は20 名以上の団体料金。中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介添者(1 名)は無料。

 

主催:市原湖畔美術館[指定管理者:(株)アートフロントギャラリー]

後援:中華人民共和国駐日本国大使館、中国人民対外友好協会

協力:瀚和文化HUBART、いちはらアート×ミックス実行委員会

 

【展覧会について】

 「紙」は、古代中国の4⼤発明(羅針盤、火薬、紙、印刷)のひとつです。「紙」の発明は、文献、書籍、科学や文化などの交流を促し、世界の文明の発展に貢献しました。日本は中国文明の影響のもとに成り立ち、距離が近しいだけでなく、文化的にも密接につながっています。書や絵画など紙を通じた文化はあらゆる側⾯において、中国からの影響をうけています。

 本展では、「雲巻雲舒」(雲が太陽に絡まり、大空に広がる様子)をメインテーマに、現代の紙の表現の地平を示します。留まるも去るも自由自在な雲のように、視野を広げ、伸び伸びとした心で自身と社会に向き合うアーティストの作品をご堪能ください。

 

【参加作家】(アルファベット順)

蔡國強(ツァイ・グオチャン)、李洪波(リー・ホンボー)、林延(リン・イェン)、劉建華(リュウ・ジャンファ)、王郁洋(ワン・ユーヤン)、邬建安(ウー・ケンアン)、伍偉(ウー・ウェイ)

 

【ゲストキュレーター】

鄭妍(ツェン・イェン)

 

■ゲストキュレーターの鄭妍(ツェン・イェン)氏にオンラインでお話を伺いました。
インタビューを読む

 

 

 

 

 

2020.02.01.Sat.-03.01.Sun.

第7回市原湖畔美術館子ども絵画展

テーマ:わたしの好きな・好きだったもの

 

毎年開催している「市原湖畔美術館子ども絵画展」が今年も始まります!今回のテーマは「わたしの好きな・好きだったもの」。

市原市内の幼稚園・小学校、そして絵を描くことが好きなお友だちから約5,500点の作品が集まりました。そのなかから入選した約300点の作品は、アーティスト・鬼頭 健吾のカラフルな作品と共に展示されます。

子どもたちの「好き」がぎゅっと詰まった絵画展へ、ぜひお越しください。

 

 

【展覧会概要】

会期:2019年2月1日(土)~3月1日(日)

開館時間:平日/10:00~17:00、土・休全日/9:30~19:00、日・休日/9:30~18:30

※最終入館は、閉館時間の30分前まで

休館日:月曜日(休日の場合、翌平日が休館)

料金:一般400(300)円/大高生・65歳以上の方300(200)円。( )内は20名以上の団体料金。

   中学生以下・障がい者手帳をお持ちの方とその介添者(1名)は無料。

主催:市原市、市原湖畔美術館[指定管理:(株)アートフロントギャラリー]

協力:小湊鐵道株式会社

協賛:株式会社中川ケミカル

後援(順不同):一般社団法人市原市観光協会、市原ぞうの国、千葉日報社、シティライフ株式会社、高滝湖観光企業組合、南いちはら応援団新聞 伝心柱

 

 

【会場構成】

鬼頭 健吾

1977年、愛知県生まれ。フラフープやシャンプーボトル、スカーフなど日常にありふれた既製品を使い、そのカラフルさ、鏡やラメの反射、モーターによる動きなど、回転や循環を取り入れた大規模なインスタレーションや、立体や絵画、写真など多様な表現方法を用いた作品を発表。それらは、現代の人工的な色彩感覚や輝きと、生命体や宇宙を感じさせるような広がりを混在させています。

                   

 

【館外展示について】

小湊鐵道×市原湖畔美術館号

運行日時:2/1(土)~2/15(土)※土日祝限定

10:10 五井駅発  / 11:31 上総中野駅発

 

小湊鐵道株式会社の協力のもと、応募作品の中から選ばれた入賞・入選作品を車両内やヘッドマークとして展示します。「走る美術館」として、子どもたちの絵を通じ、市原の暮らしに子どもたちの「好き」を届けます。

※運行時間が変更となる場合があります。ご利用の際は、事前に小湊鐵道株式会社(tel. 0436-21-6771)までご確認ください。

※乗車料金は別途お支払いください。

 

 

【関連イベント】

館内スタンプラリー

会期中、館内の5 箇所にスタンプポイントがあります。5 つのスタンプを集めると、
子ども絵画展オリジナルグッズがもらえます。(先着1,000 名様、おひとり様1回のみ)

 

【関連ワークショップ】

ピカピカひかる電飾掲示板に自由に絵を描こう!

鬼頭 健吾《ghost sign》/ワークショップ制作作品イメージ

好きな色を使い、アクリル板に絵を描いて、オリジナル電飾掲示板を制作します。
作ったものは美術館に飾られ、「第7 回市原湖畔美術館子ども絵画展」をより一層鮮やかに彩ります。

[内容] ※ご好評いただき、全て定員に達したため、締め切らせていただきました。(2020.2.3)

開催日時:2 月9 日(日)、13 時~ 15 時 
講師:鬼頭 健吾(アーティスト)
参加費:一組500 円(別途、入館料がかかります)
定員:10 組(1 組2 名様まで/先着順、事前申込制)
※未就学児のお子様は保護者様の方と一緒にお申込みください。
お申込みはこちらから。もしくは必要事項(参加イベント名「ピカピカひかる電飾掲示板に自由に絵を描こう!」、保護者氏名、参加者氏名・年齢、電話番号、住所、メールアドレス)をお電話・E-MAIL にてお伝えください。
tel. 0436-98-1525 / info@lsm-ichihara.jp

 

※好評につき、以下、追加開催決定!

2月11日(火・祝)①10時~12時、②14時~16時

お申込み①10:00~12:00の回はこちらから /②14:00~16:00の回はこちらから

2019.11.16.Sat. – 2020.01.13.Mon.
サイトスペシフィック・アート~民俗学者・宮本常一に学ぶ~

 

【展覧会概要】

会期:2019年11月16日(土)~2020年1月13日(月・祝)

開館時間:平日/10:00~17:00、土曜・休前日/9:30~19:00、日曜・休日/9:30~18:00

(最終入館は閉館時間の30分前まで)

休館日:毎週月曜日、2019年12月28日(土)~2020年1月3日(金)(ただし2020年1月13日は開館)

料金:一般600 (500)円/大高生・シニア(65歳以上)500(400)円。

()内は20 名以上の団体料金。中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介添者(1 名)は無料。

 

【展覧会について】

宮本常一は、生涯にわたり日本全国をくまなく歩き、それぞれの土地の特長やそこに生きる人々の知恵を、独自のやり方で民俗学のなかに蓄積してきました。そしてそれを、故郷周防大島で言うところの「世間師」として、具体的な生活のなかに活かそうとした人でもあります。社会問題がますます複合・複雑化するなか、旅をしながら個々の土地に根差した実践を試みた宮本の姿は、今日でも私たちを鼓舞し続けています。

一方アーティストたちは、地球環境が劣悪になり資本主義が倫理性を失った現在、美術館やギャラリーといったホワイトキューブだけでなく、現実の課題がある「土地」に入りだしています。美術は、具体的な地域のなかで、社会とのかかわりを体現し始めたかに見えます。

本展では、宮本の土地へのまなざしや思想を伝えるとともに、現代において、土地の特色を活かしたアートプロジェクトや、土地をリサーチした作品を発表するアーティストに焦点をあて、具体的な地域に目を向け、そこに生きる人々の声に耳を傾けることの意味を問い直します。

 

【参加作家】50音順

木村崇人、栗田宏一、曽我英子、竹腰耕平、中﨑透、西野達、深澤孝史

 

【宮本常一関連部分監修】

中村寛(多摩美術大学准教授、文化人類学)