現在開催中の展覧会

2020.08.08.Sat. – 2020.10.18.Sun.

田中信太郎展「風景は垂直にやってくる」

【展覧会概要】

会期:2020年  8月8日(土)~10月18日(日)

開館時間:平日/10:00~17:00、土曜・祝前日/9:30~19:00、日曜・祝日/9:30~18:00

(最終入館は閉館時間の30分前まで)

休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)

料金:一般:800 円(700 円)、65 歳以上の方・大高生:600 円(500 円)

()内は20 名以上の団体料金。

中学生以下無料。障がい者手帳をお持ちの方とその介添者(1 名)は無料。

主催:市原湖畔美術館[指定管理者:(株)アートフロントギャラリー]

企画協力:池田修(BankART1929代表)

 

【展覧会について】

 この度、市原湖畔美術館は、昨年8月に逝去された田中信太郎さんを偲び、 田中信太郎展「風景は垂直にやってくる」を開催いたします。

 わずか19歳での鮮烈なデビューから79歳で亡くなるまでの60年間。田 中信太郎のアーティスト人生は、1960 年以降の日本の現代美術史そのもの でした。読売アンデパンダン展で注目を集め、赤瀬川原平、篠原有司男らに よるネオ・ダダイズム・オルガナイザーズに参加。やがて 1968 年に発表し た「点・線・面」のミニマルな表現は、美術界のみならず、倉俣史朗をはじ めとするデザイナー、建築家にも強いインパクトを与えました。そしてパリ・ ビエンナーレ、「人間と物質」展、ヴェネツィア・ビエンナーレ等の国際展で 日本を代表するアーティストとして活躍。しかし、病床に倒れ、数年に及ぶ 闘病生活を経て、新たな表現形式による「風景は垂直にやってくる」をもっ て復活、精力的に制作活動を続けました。また、ブリヂストン本社、ファー レ立川、越後妻有、札幌ドーム等、数多くのコミッションワークも手がけ、 その作品は日常の風景のなかで人々に親しまれました。

 本展では、田中の作品を時代の変遷を追って、当時の写真や田中の言葉と ともに紹介。それぞれの時代に田中がどのように考え、制作し、生きたかを 伝えます。また、日立のアトリエの一部も再現。多くの人に愛された田中 の繊細でおおらかな作品と人の魅力と、在野を選び作品を創ることで生き 抜いたひとりのアーティストの歩みを感じ取っていただければ幸いです。

 

田中信太郎(1940~2019)

1940年、東京生まれ。茨城県立日立第一高校卒業後、上京。二紀会展(褒賞)、 読売アンデパンダン展に出展。 1960 年、ネオ・ダダイズム・オルガナイザー ズに参加。その後、第6回パリ青年ビエンナーレ展(ʼ69)、第 36回ヴェネツィア・ ビエンナーレ(ʼ 72)への参加など、国際的に活躍。80 年より病気療養のた めしばらく制作から離れるが、回復後《、風景は垂直にやってくる》(ʼ85)を発表。 ブリヂストン本社ロビー彫刻《そのとき音楽が聴こえはじめた》(ʼ 86)など のコミッションワークを多数手がける。2001年「饒舌と沈黙のカノン」(国立 国際美術館)開催。日立市のアトリエで精力的に制作を続けた。 2019年8月23日、逝去。

 

【追悼懇談会レポート】

8月9日(日)にオープニングと田中信太郎さんが亡くなられてから一周年となるのを記念して追悼懇談会を開催いたしました。その時に発言くださった、田中さんと近しかった方々の言葉を纏めております。

レポートはこちらから

 

【インタビュー】

原広司が語る「僕はなぜアーティストと仕事をするのか」--田中信太郎展によせて

1960年代から田中信太郎さんと親交があった建築家・原広司さんに、田中さんの作品、二人が出会った1960年代という時代、そしてアーティストと仕事をする理由について語っていただきました。

インタビュー記事はこちらから

 

【図録販売のお知らせ】

親交のあった方々による寄稿文〈光田ゆり、中井康之、保坂健二朗、篠原有司男、吉野辰海、中原浩大(敬称略)〉や、企画協力くださった池田修氏へのインタビュー、田中氏の言葉など、人々から愛された田中の人柄も感じていただける図録となっております。

本展覧会の図録を当館ミュージアムショップやオンラインショップてご購入いただけます。ぜひ、ご覧ください。