JP EN

応募受付中

イベント

ぼくらはハテナでいっぱいなのだ「アーティストのパワーの源ってなんだろう」vol.1

2021.08.14.Sat.

アーティストって、昔も今も、コロナにも負けず、どんな時もパワフルに作品を作ってる。
アーティストって、変わってる人が多そうだけど、どんな子ども時代を過ごしていたんだろう?
どうしたらあんなアイデアが浮かぶのかな?
ゲームは好きかな?
勉強は好きだった?
好きな色は何色ですか?
パワーの源は、いったいどこにあるんだろう?話を聞いたら、なにかヒントが見つかるかも?

チラシ

vol.1:ガラスの魔術師 アーティスト柳建太郎さん

柳建太郎さんは、千葉県印西市在住のガラス作家さんです。
バーナーワークといって、ガスの炎でガラスを溶かして作品を作っています。
ガラス作家と、漁師という2つの顔を持つ柳さん。どんなお話が聞けるかな?お話のあとは、ガラスで小物を実際に作る体験を行います。作ったガラスは後日お渡しになります。
(郵送でのお渡しがご希望の場合、別途送料が必要となります。¥370)

基本情報

日時8/14(土)10:00~12:30
会場市原湖畔美術館 多目的ホール
対象小学生から高校生
定員20名 ※要事前申込
参加費500円(材料費込み)
申込こちらから

プロフィール

柳建太郎(やなぎけんたろう)

2005年「アトリエ炎」竣工2019年、日本クラフト大賞受賞 現在、静岡文化芸術大学、ものつくり大学、東京ガラス工芸研究所にて非常勤講師を勤める傍ら、漁師として活躍中。