2019.08.04.Sun – 10.27.Sun.

夢みる力―—未来への飛翔 ロシア現代アートの世界

 

 

【展覧会概要】

会期:2019年8月4日(日)~2019年10月27日(日)

開館時間:平日/10:00~17:00、土曜・休前日/9:30~19:00、日曜・休日/9:30~18:00

(最終入館は閉館時間の30分前まで)

休館日:月曜日(休日の場合は翌火曜日)

料金:一般800 (700)円/大高生・シニア(65歳以上)600(500)円。

()内は20 名以上の団体料金。中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介添者(1 名)は無料。

 

【展覧会について】

2019年は、ソ連の月探査機が月の裏側の撮影に初めて成功してから60周年、人類の月面着陸から50周年にあたります。今なお宇宙は人類希望の空間であり続け、私たちは宇宙を追い求めています。このような宇宙と人類の関係は、20世紀美術全体の課題でもあり、とりわけロシアの美術、文学、哲学は、様々な政治情勢の変化のなかで、つねに「ここではないどこか」を目指し、未来への思いを表現してきたといえます。
本展では、インスタレーション、ドローイング、映像などのロシア現代アートの先端的な作品を通じて、「ロシア文化がいかに宇宙的なものを追求してきたか」という歴史と現在を示すと同時に、人類における宇宙の意味について問いかけ、その応答を試みます。また幻想的な展示空間からは、宇宙や未知の世界を希求してきた人類の夢を想起し、広大な世界とのつながりを実感することでしょう。本展がアートと人間の「夢みる力」を体感する場となることを期待します。

 

 

【参加作家】50音順

ニキータ・アレクセーエフ、アリョーナ・イワノワ=ヨハンソン、レオニート・チシコフ、

ウラジーミル・ナセトキン、ターニャ・バダニナ、アレクサンドル・ポノマリョフ

 

【関連イベント】

オープニング記念シンポジウム

「ロシア現代美術と彼方—南極・宇宙・ユートピア」

日時:8月4日(日)11:00 ~ 14:00

ゲスト:本展出展作家5名、鴻野わか菜(ゲストキュレーター)

モデレーター:北川フラム

定員:70名(事前申し込み制)

参加費:1700円

※別途入館料がかかります。

※軽食の用意がございます。

※同時通訳有

お申し込みはこちらから