2018.10.20.Sat. – 1.14.Mon.

ジョゼ・デ・ギマランイス展 ~アフリカは魅了する~

 

【展覧会概要】
会期:2018年10月20日(土)~2019年1月14日(月・祝)
開館時間:平日/10:00~17:00、土曜・祝前日/9:30~19:00、日曜・祝日/9:30~18:00 (最終入館は閉館時間の30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
料金:一般1000 (800)円/大高生・シニア(65歳以上)800(600)円。()内は20 名以上の団体料金。中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介添者(1 名)は無料。

後援:ポルトガル大使館、一般社団法人 日本・ポルトガル協会

 

 

【展覧会について】

ギマランイスは、人にも文字にもみえる様々な形を組み合わせ、ビビッドな色使いをした作品を多く手がけています。それは、若き日に旅し、暮らしたアフリカの地で出会ったプリミティブ・アートに大きく影響を受けているのです。本展では、ギマランイスの代表的な作品シリーズの絵画、彫刻約40点のほか、コレクションであるアフリカン・アートを合わせて展示。アフリカからの影響を通したギマランイス作品の魅力に、また、アーティストを魅了し続けるアフリカに迫ります。

また、日本を代表する詩人・谷川俊太郎氏がギマランイスの作品に触発されて20年前に書いた詩「からっぽ」に、ギマランイスが描きおろした絵本『からっぽ』が、このたび出版されます。日本とポルトガルの2人のアーティストの遭遇とコラボレーションによって生み出される、ユーモアあふれる人類創生の物語は、本展でアニメーションとしてお楽しみいただけます。

 

 

【作家略歴】

1939年ポルトガル、ギマラインス生まれ。ポルトガルを代表する現代美術作家であり、絵画、彫刻、パブリックアートなどを中心に制作し、国際的に活躍しています。リスボン万博、ポルトガル領マカオの中国への返還等の国民的イベントでモニュメントやロゴマークのデザインを手掛けたことでも知られています。また、非西洋文明圏における文化の交差に強い関心を示し、自身の作品テーマに取り入れるほか、アフリカ、ラテンアメリカ、中国などのプリミティブアートの熱心なコレクターでもあるのです。日本国内でも、ファーレ立川、代官山アドレス、釧路シビックコア、宮城県図書館、越後妻有・大地の芸術祭、瀬戸内国際芸術祭など、各地で彼のパブリックアートが親しまれています。

 

 

【オープニング記念イベント】

長いあいだ、アフリカ美術は多くのアーティストが深い関心を寄せ、自身の制作に影響を与え続けています。なぜ、人はアフリカ美術、またアフリカのパワーに心惹かれるのでしょうか。来日中のアーティスト ギマランイス氏による講演のほか、文化人類学者 真島一郎氏をゲストに迎え、ディスカッションを行います。

日時:10 月20 日(土)14:00 ~ 17:00

特別講演:ジョゼ・デ・ギマランイス「アフリカが私に与えたもの」[逐次通訳有]
ゲスト:真島一郎(東京外国語大学教授)
モデレーター:北川フラム(当館館長)

参加費:1,000円/人 ※展覧会観覧料は別途かかります。

予約方法:こちらからごお申込みください。

 

東京発着のお得なツアーも実施します。

詳細・お申込みはこちらから

 

2018.7.14.Sat. – 9.17.Mon.

そとのあそび展 ~ピクニックからスケートボードまで~

森田貴宏 写真:Liu Puli

 

【展覧会概要】
主催:市原湖畔美術館(指定管理者:株式会社アートフロントギャラリー)
会期:2018年7月14日(土)~9月17日(月・祝)
開館時間:平日/10:00-17:00、土曜・祝前日/9:30~19:00、日曜・祝日/9:30~18:00 (最終入館は閉館時間の30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
料金:一般800(700)円/大高生・シニア(65歳以上)600(500)円。()内は20 名以上の団体料金。中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介添者(1 名)は無料。
共同企画:SIDE CORE

【展覧会について】

本展は、「そとのあそび」をテーマにした、14 組のアーティスト・グループに よる展覧会です。周囲を自然に囲まれた開放的な市原湖畔美術館において、 ピクニックや路上観察、釣り、クライミング、スケートボードなど、そとのあそ び、また、そこから派生した表現を紹介します。

【参加作家について】
EVERYDAY HOLIDAY SQUAD、小畑多丘、菊地良太、木村崇人、snipe1、
切腹ピストルズ、高田光、高橋臨太郎、Chim↑Pom、東京ピクニッククラブ、宮原嵩広、森
田貴宏、森山泰地、路上観察学会( 50 音順)

【イベント】

7 月 14 日(土) 展覧会オープニングイベント

7 月 22 日(日) 「開発好明と夏の子どもキャンプ 巨人デーデッポ vol.6 」

8 月 4 日(土) 木村崇人 「星ぶどう遊食会」

8 月 26 日(日) 「スプレーで絵を描いてみよう!」by snipe1

9 月 14 日(金)~ 9 月 16日(日) 「インターナショナル・パーキング・デイ」

9 月 16 日(日) 「路上観察の会 in 市原」by路上観察学会

※イベント詳細はこちらをご覧ください。

※イベント情報は随時更新します。

2018.4.6. Fri. – 6.24. Sun.

60 (rokujuu) ひびのこづえ展

2018 年4 月に、” 還暦” と呼ばれる年齢を迎えることになった。
30 代直前でこの仕事をスタートしたときから、
クリエーターとして常に年齢の限界に怯えながらいた。
30 代の私なら60 代の私を” 時代遅れ” と馬鹿にしていただろう。
でも私は60 代直前でやりたいことを見つけた。
それは人に本当の服を着せる事だった。

                          ひびのこづえ

【展覧会について】
本展では、コスチューム・アーティストひびのこづえの作品を、新作含め約50 点展示いたします。ひびのの手がけた服の数々が市原湖畔美術館のユニークな展示空間全体にひとつの大きなインスタレーションとなるように展示され、鑑賞者は、服を見ながら着る感覚も体験することができます。会期中には、展示室を劇場に、ダンスパフォーマンス公演も全10回行われます。(詳細はこちらのサイトから)
本展のインタビューが「ほぼ日刊イトイ新聞」に掲載されております。(4/10更新)
http://www.1101.com/hibinokodue60/index.html

【展覧会概要】
主催:市原湖畔美術館(指定管理者:株式会社アートフロントギャラリー)
会期:2018年4月6日(金)~6月24日(日)
開館時間:平日/10:00-17:00、土曜・休前日/09:30~19:00、日曜・祝日/09:30~18:00
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
料金:一般800(700)円/大高生・シニア(65歳以上)600(500)円。()内は20 名以上の団体料金。中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介添者(1 名)は無料。
協力:KAAT キッズプログラム「不思議の国のアリス」/ KAAT 神奈川芸術劇場
ダンス「サーカス」/新国立劇場
株式会社 ほぼ日
小川峰株式会社

【ひびのこづえ 略歴】
静岡県生まれ 東京芸術大学美術学部デザイン科卒業。コスチューム・アーティストとして広告、演劇、ダンス、バレエ、映画、テレビなどその発表の場は、多岐にわたる。NHK E テレ「にほんごであそぼ」のセット衣装を担当中。中村勘三郎主演の歌舞伎「コクーン歌舞伎・三人吉三」「野田版 研ぎ辰の討たれ」、現代劇の野田秀樹作・演出の「足跡姫」など多数の舞台衣装を担当。「ちいさな生きもの研究所」ワークショップを毎月、渋谷LOFT 6 階で開催中。2018 年はダンス「サーカス」(5月、新国立劇場)、ダンス「不思議の国のアリス」(7月、KAAT )にて衣装を担当するほか、大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018( 7/29-9/17 )に参加。

【関連イベント】
[終了しました] 4月8日(日)15:00〜 ひびのこづえ アーティストトーク

ご参加お申込はこちらより:https://ssl.form-mailer.jp/fms/c18604dd560931

<パフォーマンスプログラム>
本展の目玉は、会期中10回行われるパフォーマンスプログラムです!ひびのこづえの手がけた衣装をダンサーたちが身にまとい、展示室内のステージでパフォーマンスを行います。
4/21. 22. 5/12. 13 15:00〜
「FLY、FLY、FLY」

×島地保武×川瀬浩介
※4/21公演のみチケットが完売しました。
5/5.6 13:00〜
「WONDER WATER」

×ホワイトアスパラガス×川瀬浩介
5/5.6. 6/2.3 15:00〜
「Humanoid LADY 市原湖畔美術館ver.」

×引間文佳×川瀬浩介

チケット料金:一律 1,200円
peatix (http://hibinokodue60.peatix.com)にて販売中!

peatixでの購入を希望されない方は、美術館までお電話(0436-98-1525)でお問い合わせください。
美術館では、割引価格の1,000円で店頭販売しております。

詳細情報はこちらのパフォーマンス特設サイトから:https://hibinokodue60.tumblr.com

2018.02.24.sat – 2018.03.11.sun

第5回市原湖畔美術館子ども絵画展

今年の子ども絵画展の会場構成は、KOSUGE1-16が担当!
美術館のマスコット「トイソルジャー」が子どもたちの作品を守ります!

市原湖畔美術館では 2013 年のリニューアルオープン以来、年に1度市 原市内の幼稚園・小学校から絵を公募し、「市原湖畔美術館子ども絵画展」を開催してきました。第5回目を迎える本展では、当館のパーマネントワークの作家でもある KOSUGE1-16 が会場構成を担当し、集まった約 7000 枚の中から 入選作約 300 点を展示します。
【展示概要】

■ 展示期間:2018年2月24日[土]― 3月11日[日]

■ 開館時間:10:00-17:00(平日)、09:30~19:00(土・祝前日)、09:30~18:00(日・祝日)。休館日:月曜日(祝日の場合、その直後の平日)

■ 入館料:一般400(300)円/大高生・65 歳以上300(200)円。()内は20 名以上の団体料金、中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介添者(1 名)は無料入館料で、同時開催中の常設展もご覧いただけます。

■ 主催:市原市、市原湖畔美術館

■協賛:株式会社中川ケミカル 

■ 協力:小湊鐵道株式会社

■ 後援:一般社団法人市原市観光協会、高滝湖観光企業組合、市原ぞうの国、千葉日報社、シティライフ株式会社、三陽メディア株式会社、南いちはら応援団新聞伝心柱

■ 審査員:土谷亨氏(KOSUGE1-16/美術家)、石川晋平氏(小湊鐡道株式会社代表取締役社長 )、北川フラム(当館館長)

■ 会場デザイン:KOSUGE1-16
【関連イベント】トイソルジャーのプッシュトイをつくろう

トイソルジャーのかたちをした、木製のおもちゃをつく るワークショップを開催!おもちゃの底の部分を押すと、 トイソルジャーがくねっと動きます。

日時: 2 月 24 日(土)10:30 〜 12:30 [終了しました]

3月3日(土)10:30〜12:30 [残席わずか] / 13:30 〜 15:30

*2/24 の回のみ KOSUGE1-16 が講師をつとめます

料金:1000 円 / 人
定員:20 名(事前申し込み制・こちらのフォーム[https://ssl.form-mailer.jp/fms/cab35bbe555784]もしくはお電話でお申し込みください)