2019.04.06.Sat. – 07.15.Mon.
更級日記考―女性たちの、想像の部屋

 

 

【展覧会概要】

会期:2019年4月6日(土)~2019年7月15日(月・祝)

開館時間:平日/10:00~17:00、土曜・休前日/9:30~19:00、日曜・祝日/9:30~18:00

(最終入館は閉館時間の30分前まで)

休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

料金:一般800 (700)円/大高生・シニア(65歳以上)600(500)円。

()内は20 名以上の団体料金。中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介添者(1 名)は無料。

 

【展覧会について】

いまから1000年前の平安時代、上総国〔現在の市原市〕に暮らす13歳の少女、菅原孝標女が京の都、そして源氏物語の世界にあこがれるあまり綴り始めた日記― それが「更級日記」です。日記文学の古典として名高い「更級日記」は、現実世界の暮らしに一喜一憂しながらも、少女時代の物語世界への夢を抱き続けた、ひとりの女性の約40年が綴られています。その世界観は現代に生きる女性の共感を大いに呼ぶことでしょう。女性たちによる「日記的表現」のもつ記録、創作、想像の世界とはいったいどんなものでしょうか? 本展では、「更級日記」を出発点に12組の女性アーティストによる多様で、独自で、そして親密な、想像の世界を紹介します。

 

【参加作家】50音順

碓井ゆい、UMMMI.、大矢真梨子、今日マチ子、荒神明香、鴻池朋子、

五所純子、小林エリカ、髙田安規子・政子、光浦靖子、矢内原美邦、渡邉良重

【関連イベント】

市原湖畔美術館 企画展「更級日記考―女性たちの、想像の部屋」関連イベント

『日々』ーミクニヤナイハラプロジェクトー

 

「更級日記考―女性たちの、想像の部屋」出展作家であり、ダンスカンパニー「ニブロール」を主宰する矢内原美邦氏が、更級日記からインスピレーションを得て演出をしたパフォーマンスを開催します。

美術館内をパフォーマーと一緒に巡りながら『日々』をお楽しみください!

 

■公演内容

日程:2019年7月6日(土)、7日(日)、13日(土)、14日(日)

時間:①13:00~、②15:00~(開場は各回15分前から、公演時間は約30分)

作・演出:矢内原美邦/出演:橋本和加子・八木光太郎/映像・美術:高橋啓祐

会場:市原湖畔美術館 企画展示室内、多目的ホール

定員:各回30名

 

■チケット情報

価格:1,200円(税込)

※別途、当日の美術館への入館料がかかります。当日、受付でお支払いください。

販売日:5月1日(水)~ ※定員になり次第、販売は終了します。

お申込みはこちらから

 

 

 

2019.2.2.Sat.-3.10.Sun.

第6回市原湖畔美術館子ども絵画展

 

【展覧会概要】
会期:2019年2月2日(土)~3月10日(日)

開館時間:平日/10:00~17:00、土曜・祝前日/9:30~19:00、日曜・祝日/9:30~18:00
(最終入館は閉館時間の30分前まで)

休館日:月曜日(祝日の場合、翌平日が休館)
料金:一般400(300)円/大高生・65 歳以上300(200)円。()内は20 名以上の団体料金。
中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介添者(1 名)は無料。

主催:市原市、市原湖畔美術館
協力:小湊鉄道株式会社
協賛:株式会社中川ケミカル 
後援(順不同):一般社団法人市原市観光協会、市原ぞうの国、千葉日報社、
三陽メディア株式会社、シティライフ株式会社、
高滝湖観光企業組合、南いちはら応援団新聞 伝心柱

 

 

【展覧会について】

子どもも大人も楽しめる展覧会

市原湖畔美術館では2013年のリニューアルオープン以来、年に1度市原市内の幼稚園、小学校から絵を公募し、「市原湖畔美術館子ども絵画展」を開催してきました。いずれもデザイナーやアーティストに会場構成を依頼し、単に絵を並べるだけでなく、空間全体が子どもたちのあそび場になるような空間を作ってきました。第6回目を迎える本展では、アーティストの長谷川 仁が会場構成を担当し、集まった約4500点の絵の中から入賞・入選作品約300点を展示します。

 

 

【会場構成について】

新聞紙でできた大きなオブジェで
「子どもから見える世界」をつくる絵画展

今年の絵画展の作品募集テーマは、「たからもの、みつけた!」。子どもたちは、大切な人やモノ、場所をよく観察して、色や形を工夫して、自由に絵を描きました。
子どもたちが描いた絵画作品と、アーティストの長谷川 仁が作り出す新聞紙でできた巨大なオブジェが美術館内でコラボレーションします。
新聞紙を使って作られた巨大なオブジェが作り出すのは、「子どもから見える世界」です。人間やゾウを本来の1.5倍~2倍の大きさにして作られたオブジェを見れば、少し違う世界を体験することができるはずです。

 

 

【長谷川 仁について】

社会とのつながり、自然とのつながりを皆で分かち合いたいとの想いで様々なプロジェクトを行っているアーティスト。
中房総国際芸術祭いちはらアート×ミックス2014に参加。
WEBサイト

 

 

【館外展示について】

小湊鐵道株式会社の協力のもと、応募作品の中から選ばれた入賞・入選作品を車両内やヘッドマークとして展示します。また、「走る美術館」として、子どもたちの絵だけではなく、アーティストの長谷川 仁がプロデュースした新聞紙で作られたオブジェも子どもたちの作品と共に車両内に展示します。
小湊鐵道 × 市原湖畔美術館号 2/2(土)~2/17(日)の間の毎週土日運行
運行日時:10:26 五井駅発、11:43 養老渓谷駅発
( ※ 乗車料金はお支払いください )

 

【関連イベントについて】

2019年2月9日(土)
「石ころと星空を飾りたい」by 長谷川仁

館内スタンプラリー (先着1000名様にオリジナルシールの特典がございます)
※イベント詳細はこちらをごらんください。
※イベント情報は随時更新します。

 

 

2018.10.20.Sat. – 1.14.Mon.

ジョゼ・デ・ギマランイス展 ~アフリカは魅了する~

 

【展覧会概要】
会期:2018年10月20日(土)~2019年1月14日(月・祝)
開館時間:平日/10:00~17:00、土曜・祝前日/9:30~19:00、日曜・祝日/9:30~18:00 (最終入館は閉館時間の30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
料金:一般1000 (800)円/大高生・シニア(65歳以上)800(600)円。()内は20 名以上の団体料金。中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介添者(1 名)は無料。

後援:ポルトガル大使館、一般社団法人 日本・ポルトガル協会

 

 

【展覧会について】

ギマランイスは、人にも文字にもみえる様々な形を組み合わせ、ビビッドな色使いをした作品を多く手がけています。それは、若き日に旅し、暮らしたアフリカの地で出会ったプリミティブ・アートに大きく影響を受けているのです。本展では、ギマランイスの代表的な作品シリーズの絵画、彫刻約40点のほか、コレクションであるアフリカン・アートを合わせて展示。アフリカからの影響を通したギマランイス作品の魅力に、また、アーティストを魅了し続けるアフリカに迫ります。

また、日本を代表する詩人・谷川俊太郎氏がギマランイスの作品に触発されて20年前に書いた詩「からっぽ」に、ギマランイスが描きおろした絵本『からっぽ』が、このたび出版されます。日本とポルトガルの2人のアーティストの遭遇とコラボレーションによって生み出される、ユーモアあふれる人類創生の物語は、本展でアニメーションとしてお楽しみいただけます。

 

 

【作家略歴】

1939年ポルトガル、ギマラインス生まれ。ポルトガルを代表する現代美術作家であり、絵画、彫刻、パブリックアートなどを中心に制作し、国際的に活躍しています。リスボン万博、ポルトガル領マカオの中国への返還等の国民的イベントでモニュメントやロゴマークのデザインを手掛けたことでも知られています。また、非西洋文明圏における文化の交差に強い関心を示し、自身の作品テーマに取り入れるほか、アフリカ、ラテンアメリカ、中国などのプリミティブアートの熱心なコレクターでもあるのです。日本国内でも、ファーレ立川、代官山アドレス、釧路シビックコア、宮城県図書館、越後妻有・大地の芸術祭、瀬戸内国際芸術祭など、各地で彼のパブリックアートが親しまれています。

 

 

【オープニング記念イベント】

長いあいだ、アフリカ美術は多くのアーティストが深い関心を寄せ、自身の制作に影響を与え続けています。なぜ、人はアフリカ美術、またアフリカのパワーに心惹かれるのでしょうか。来日中のアーティスト ギマランイス氏による講演のほか、文化人類学者 真島一郎氏をゲストに迎え、ディスカッションを行います。

日時:10 月20 日(土)14:00 ~ 17:00

特別講演:ジョゼ・デ・ギマランイス「アフリカが私に与えたもの」[逐次通訳有]
ゲスト:真島一郎(東京外国語大学教授)
モデレーター:北川フラム(当館館長)

参加費:1,000円/人 ※展覧会観覧料は別途かかります。

予約方法:こちらからごお申込みください。

 

東京発着のお得なツアーも実施します。

詳細・お申込みはこちらから

 

2018.7.14.Sat. – 9.17.Mon.

そとのあそび展 ~ピクニックからスケートボードまで~

森田貴宏 写真:Liu Puli

 

【展覧会概要】
主催:市原湖畔美術館(指定管理者:株式会社アートフロントギャラリー)
会期:2018年7月14日(土)~9月17日(月・祝)
開館時間:平日/10:00-17:00、土曜・祝前日/9:30~19:00、日曜・祝日/9:30~18:00 (最終入館は閉館時間の30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
料金:一般800(700)円/大高生・シニア(65歳以上)600(500)円。()内は20 名以上の団体料金。中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介添者(1 名)は無料。
共同企画:SIDE CORE

【展覧会について】

本展は、「そとのあそび」をテーマにした、14 組のアーティスト・グループに よる展覧会です。周囲を自然に囲まれた開放的な市原湖畔美術館において、 ピクニックや路上観察、釣り、クライミング、スケートボードなど、そとのあそ び、また、そこから派生した表現を紹介します。

【参加作家について】
EVERYDAY HOLIDAY SQUAD、小畑多丘、菊地良太、木村崇人、snipe1、
切腹ピストルズ、高田光、高橋臨太郎、Chim↑Pom、東京ピクニッククラブ、宮原嵩広、森
田貴宏、森山泰地、路上観察学会( 50 音順)

【イベント】

7 月 14 日(土) 展覧会オープニングイベント

7 月 22 日(日) 「開発好明と夏の子どもキャンプ 巨人デーデッポ vol.6 」

8 月 4 日(土) 木村崇人 「星ぶどう遊食会」

8 月 26 日(日) 「スプレーで絵を描いてみよう!」by snipe1

9 月 14 日(金)~ 9 月 16日(日) 「インターナショナル・パーキング・デイ」

9 月 16 日(日) 「路上観察の会 in 市原」by路上観察学会

※イベント詳細はこちらをご覧ください。

※イベント情報は随時更新します。