2019.11.16.Sat. – 2020.01.13.Mon.
サイトスペシフィック・アート~民俗学者・宮本常一に学ぶ~

 

【展覧会概要】

会期:2019年11月16日(土)~2020年1月13日(月・祝)

開館時間:平日/10:00~17:00、土曜・休前日/9:30~19:00、日曜・祝日/9:30~18:00

(最終入館は閉館時間の30分前まで)

休館日:毎週月曜日(ただし2020年1月13日は開館)

料金:一般600 (500)円/大高生・シニア(65歳以上)500(400)円。

()内は20 名以上の団体料金。中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介添者(1 名)は無料。

 

【展覧会について】

宮本常一は、生涯にわたり日本全国をくまなく歩き、それぞれの土地の特長やそこに生きる人々の知恵を、独自のやり方で民俗学のなかに蓄積してきました。そしてそれを、故郷周防大島で言うところの「世間師」として、具体的な生活のなかに活かそうとした人でもあります。社会問題がますます複合・複雑化するなか、旅をしながら個々の土地に根差した実践を試みた宮本の姿は、今日でも私たちを鼓舞し続けています。

一方アーティストたちは、地球環境が劣悪になり資本主義が倫理性を失った現在、美術館やギャラリーといったホワイトキューブだけでなく、現実の課題がある「土地」に入りだしています。美術は、具体的な地域のなかで、社会とのかかわりを体現し始めたかに見えます。

本展では、宮本の土地へのまなざしや思想を伝えるとともに、現代において、土地の特色を活かしたアートプロジェクトや、土地をリサーチした作品を発表するアーティストに焦点をあて、具体的な地域に目を向け、そこに生きる人々の声に耳を傾けることの意味を問い直します。

 

【参加作家】50音順

木村崇人、栗田宏一、曽我英子、竹腰耕平、中﨑透、西野達、深澤孝史

 

【宮本常一関連部分監修】

中村寛(多摩美術大学准教授、文化人類学)