2017.08.11. Fri. – 09.24. Sun.

ラップ・ミュージアム RAP MUSEUM

日本初 ?!ラップにまつわる展覧会を開催!

アメリカ・ニューヨークにて、ヒップホップ/ラップが生まれて約40年。そして日本でラップが生まれてから約30年が過ぎようとしています。現在では、多種多様なラップ、ラッパーが存在するようになっています。特に近年は、ラップのバトルを行うTV番組「フリースタイルダンジョン」の人気を始め、「ラップブーム」とも呼べる現象が起きています。若者を中心に、ラップをする人たちも増えてきて、これまで以上に多くの場所でラップを耳にするようになってきているはずです。
では、果たしてラップとは、いったいどんなことをしているのでしょうか?本展では、ラップをひとつのアートフォームとして捉え、その構造を分析しながら、ラップから派生された文化的実践に焦点を当てる日本で初めての展覧会です。

 

【展覧会概要】
主催:市原湖畔美術館(指定管理者:株式会社アートフロントギャラリー)
会期:2017年8月11日(祝)~9月24日(日)
開館時間:平日/10:00-17:00、土曜・休前日/09:30~19:00、日曜・祝日/09:30~18:00
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
料金:一般800(700)円/大高生・シニア(65歳以上)600(500)円。()内は20 名以上の団体料金。中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介添者(1 名)は無料。
企画協力:荏開津広、ダースレイダー、磯部涼
会場構成:ASSISTANT/ 有山宙
アートディレクション:一ノ瀬雄太
協力:株式会社360Channel、Milbox(株式会社WHITE)

【関連イベント情報】
#5 9月17日(日)・18日(祝)湖畔のHIPHOP最高会議
17日:11:00〜19:00 /18日: 11:00〜18:00

展示室内・屋外芝生広場を使って、ヒップホップのブロックパーティを開催。DJ、ダンス、ラップ…子どもから大人まで楽しめる参加型のイベントを開催します!
詳細はこちらのページから:http://lsm-ichihara.jp/news/20170909

#6 9月24日(日)日本語ラップ学会
14:00〜18:00[予定]
9/24(日)「ラップ・ミュージアム」展のクロージングイベントとして、各発表者が日本のラップについてあらゆる角度から批評を行う「日本語ラップ学会」を開催いたします。
各発表のコメンテーターは、佐々木敦氏が務めます。
会場:市原湖畔美術館・多目的ホール
参加費:1000円(別途入館料がかかります)
出演:佐々木敦、磯部涼ほか
ご参加お申し込みはこちらから:https://ssl.form-mailer.jp/fms/e074734f532870

<開催終了したイベント>
#1 8月11日(祝)オープニング記念MCバトル
「ART OF RAP /RAP OF ART presented by 鎖GROUP」
参加MC : [エキシビションバトル]TKda黒ぶち VS 田中光 [トーナメント参加MC]Dragon One、T-TANGG、J平、NillNico、ENEMY、ruler、BOZ、KissShot
審査員:宇川直宏、荏開津広、北川フラム

#2 8月13日(日)トークイベント「ラップを音楽的に解析する」
時間:14:00〜16:00
トークゲスト:大谷能生、伊藤ガビン [7/31 updated! ]スペシャル・ゲスト:TwiGy

#3 8月20日(日)特別映画上映「サウダーヂ」
15:30〜19:30
参加費:1200円(一般)・900円(大高生・65歳以上)
定員:70名
スペシャルトークゲスト:富田克也(同映画監督)、相澤虎之助(同映画脚本)、田我流(ラッパー、同映画主演)進行:磯部涼

#4 8月27日(日) 毎年恒例 開発好明と夏の子どもキャンプ「巨人デーデッポ vol.5」 feat.ラップ・ミュージアム展
9:30〜18:30(予定)
対象:小学生 定員:20名 *応募は締め切りました。
参加費:3500円(材料費、昼食費込み)