改修設計:有設計室/川口有子+鄭仁愉

市原湖畔美術館は1995年に建てられた展示施設をリノベーションした美術館です。既存建物の仕上材を全て剥がしてコンクリートの構造体だけを残し、そこにアートウォールと名付けたスチール折板の壁を縫うように挿入して、展示室やラウンジ、ホールなどをつくりだしています。もとあった回遊性の高いユニークな骨格を生かし、建物内外を連続的に巡りながら、古いものと新しいもの、アート作品や活動、湖や緑の豊かな周辺環境など、さまざまなものを一体となって体験できる美術館を目指しました。(川口有子+鄭仁愉/有設計室)

デザインディレクション:色部義昭/日本デザインセンター

立地と景観の良さを伝えるロゴマーク
自然環境に恵まれた高滝湖の湖畔に建つ美術館。シンプルな直線で描かれた水面をイメージしたシンボルマークによってその魅力を表現しています。
敷地全体を点でつなぐサイン
内部にいても外部のような設えの館内。ラフな素材感を生かした設計が引立つよう、ロゴマークと同様のピクセル状のグラフィックをベースにしたサインを館内に展開。ピクセルの集積によってできた文字群とピクトグラムや点線によって場と場をつなぐ誘導サインなど、敷地全体を小さな点でつないでいくことで全体をまとめています。